研究教育方針

本研究室では,最先端の研究に従事することを通じて,世界で通用する人材を輩出することを目標にしています.世界で通用する人材とは,
  • 論理的思考力と表現力を身に着けている,
  • 問題発見能力,さらには解決能力がある,
  • 英語の読み書きができる,
  • 異質なものを拒否せず許容する
態度を身につけた人だと思います.そのために,研究室では次のような活動をしています.

定例ゼミ

信号処理/機械学習・統計学・プログラミングの勉強会

4年生は配属されてすぐに,信号処理や機械学習,また統計学などの勉強会を実施します.単に教科書を学ぶだけではなく,プログラムとして実装することで,確かな表現力を身につけ,内容理解の定着を図ります.4年生の勉強会は,プログラミング言語に習熟することに重きをおいています.ここで利用するプログラム言語は,Python,Rなどです(平成27年度実績).

M1は,信号処理や機械学習に関連する,少し高度な書籍を読み,全員に講義します.

雑誌会

過去5年間にインパクトの高いジャーナルに載った論文,もしくは引用数の多い論文を,全員の前で紹介する会です.M1以上は各学期に1度ずつ担当します.相当な例外がない限り,対象とする論文は英語です.いまや,最新の科学技術は全て英語で公開されるからです.

研究紹介

学期に一度,大学院生が自分の研究を発表します.使用言語は英語です.質問も英語ですることによって,外国語で意志疎通する感覚をつかむとともに,英語に対するアレルギーを取り除きます.国際的な学会で発表する人は,研究紹介は免除になります.どんどん学外で発表していきましょう.



Comments